【OBLIVION】 OBLIVION Reloaded セッティング編

OBLIVION Reloaded のご紹介 2ページ目になります。
こちらではセッティング関連の解説をしていきます。

・ OBLIVION Reloaded 導入編
・ OBLIVION Reloaded セッティング編  ココ


まず OBLIVION Reloaded を導入したことで、明確に恩恵が高いなと思った効果。
・ Ambient Occlusion 効果
・ Liquid Water 効果
・ GodRays 効果


この3つの恩恵がとても大きいと思います。
もちろんこれ以外にも様々追加要素があり、グラフィックを改善するにあたって
ORはとても影響力の高いMODになっていると思います。


Ambient Occlusion
私がORを導入してまず一番感動したのがこのAO。
正直このAOのためだけにORを入れてもいいと言えるほどに効果大です。
このAOとは、俗に言うSSAOと類似するシェーダー効果で
光の反射の仕方を計算し、被写体に影の効果を生成するものです。
ENBを使っている方ならもう周知のエフェクトだと思います。
ではここで、ENBで元からSSAOを使っていた私が何故感動したかと言いますと
このORのAOは、ENBのSSAOの効果と重複させることができ
しかもENBの効果と影のかかり具合が住み分けされていて
重複させることによる相乗効果がとても高いと感じたことにあります。
特に草の描画の立体感に多大な貢献を果たしてくれます。

AO比較動画



Liquid Water
Liquid Water とは、ORの原型となったOBGEシリーズの拡張MODの1つである
水質改善MODです。この機能がORでは最初から搭載されています。
http://www.nexusmods.com/oblivion/mods/37825/
Liquid Water の最大の魅力は、遠景の水面にも波のエフェクトがのる というところです。
当時このMODが登場したときはとても革新的でした。



GodRays
言わずもがなゴッドレイ。
太陽光の描写を調整でき、眩しさという表現をとてもリアルに演出してくれる機能です。
OBGE時代はこれのために導入に踏み切った方も多いのではないでしょうか。



では前置きはこれくらいにして、セッティングに入っていきます。
セッティング方法は2通りあり、デスクトップ上で ini を直接編集するのと
ゲーム内で動的に変更することができます。
ゲーム内の動的変更が非常に便利なので、ここをまずセッティングしておきましょう。


セッティング画面 (1ページ目)
Oblivion 2016-05-21 18-25-40-88
Oblivion 2016-05-21 18-25-49-53
セッティング画面 (2ページ目)

ini フォルダ内の OblivionReloadedEsp.ini を開きます。
各種キー配置をここで済ませておきましょう。
; Sets the key to open the ingame menu (セッティング画面の呼び出し)
set ORMenuQuest.MenuKey to 24 (O)

; Sets the key to scroll up the ingame menu (項目の移動:上)
set ORMenuQuest.UpKey to 200 (↑)

; Sets the key to scroll down the ingame menu (項目の移動:下)
set ORMenuQuest.DownKey to 208 (↓)

; Sets the key to move right the ingame menu (項目の移動:右)
set ORMenuQuest.RightKey to 205 (→)

; Sets the key to move left the ingame menu (項目の移動:左)
set ORMenuQuest.LeftKey to 203 (←)

; Sets the key to add values in the ingame menu (数値の増加、エフェクトのオンオフ)
set ORMenuQuest.AddKey to 201 (PageUP)

; Sets the key to subtract values in the ingame menu (数値の減少、エフェクトのオンオフ)
set ORMenuQuest.SubtractKey to 209 (PageDown)

; Sets the key to scroll pages up in the ingame menu (次ページへ)
set ORMenuQuest.PageUpKey to 181 (NUM -)

; Sets the key to scroll pages down in the ingame menu (前ページへ)
set ORMenuQuest.PageDownKey to 74 (NUM /)

; Sets the key to save settings in the ingame menu (設定の保存)
set ORMenuQuest.SaveKey to 28 (Enter)



エフェクトの選別
Shaderのセッティングに入る前に使う機能を厳選しておきましょう。
OBSEプラグイン内の OblivionReloaded.ini を開きます。
全部を試したわけではないので、いくつか抜粋してあります。

[Main]
FoV = 0 (前述した通りオフ)
WaterManagement = 1 (Liquid Water を有効化)
FrameRate = 0 (前述した通りオプションの描画距離の固定化が嫌ならオフ)
CombatMode = 0 (前述した通りバギーなのでオフ)
CameraMode = 0 (前述した通りバギーなのでオフ)
SleepingMode = 1 (ベッドで寝るモーションが追加される)

[SleepingMode]
Rest = 1 (待機の可否、否にすると1時間待機で完全回復ができないので面白いかも)

[Shaders] と [Effects]
下記を参考に必要なものをオン (= 1) にしていきましょう。
ゲーム内でも動的にオンオフができますが、いくつかできないものもあります。


Shader セッティング
ここまできたら後は自分好みにいじるのみです!
以下、ざっと私が調べた範疇で各項目を記載していきますので参考にどうぞ。
主にゲーム内で調整できるもので変化が大きいものを取り上げています。
オレンジ色の数値は私がいじった後の設定値です。
といってもデフォの数値がかなりいい塩梅に仕上がっていましたので、参考程度にどうぞ。
※ shaderフォルダ内の各 ini からも調整できます。

・ AmbientOcclusion
今までの考察から基本ENB側と併用推奨
ClampStrength = 0.2 (影の表示範囲 1.0 に近づくほど狭くなる)
LumThreshold = 0.1 (ClampStrength と似た効果、1.0 に近づくほど濃くなる)
StrengthMultiplier = 2.0 (影の強さ)

・ Blood & Blood Lens
カメラに血しぶきがのるエフェクト効果。
個人的にはちょっと派手すぎて好みじゃなかったのでオフ。

・ Bloom
ENBと併用可能
Luminance = 0.06 0.08 (環境光の明るさ)
MiddleGray = 0.18 (Bloom表現の強さ)
OriginalIntensity = 1.0 (明るさ)
OriginalSaturation = 1.0 0.9 (色合い)
WhiteCutOff = 0.8 0.84 (空の明るさ)

・ Chinema
ENB側のレターボックスと併用すると不具合の原因になる可能性有
詳しくは記事1ページ目のトラブル解決をご覧ください。
AspecRatio = 1.2 (レターボックスの範囲調整)
VignetteDarkness = 0.55 (画面の4隅を暗くする)
ViginetteRadius = 3.0 (VignetteDarkness の濃さ)

・ Coloring
ENBと併用可能
BassGamma = 1.6 (明るさ)
Bleach = 0.1 (画面の濃さ)
BleachLuma = 0.2 0 (色の淡さ)
Contrast = 0.8 1.0 (コントラスト)
Fade = 0 (鮮やかさ)
Linearization = 1.1 (色合い)
Saturation = -0.1 -0.3 (色合いの濃さ)
Strength = 0.5 0.6 (コントラストをより強めた効果)

・ Depth of Field
ENBと重複可能だがメリットは薄い
ORのDoFは1人称、3人称それぞれ別々にセッティングができて
かつ動的に調整できるので使いやすい。
そして何よりENBより軽いのでFPSを稼げる点がとても大きい。
ENBのDoFはプリセット次第ではORのDoFよりクオリティは上。
よってどちらを使うかは迷うところ。
BaseBlurRadius = 1.0 0.15 (3人称) (ボケの強さ)
BlurFallOff = 2.0 (ボケの更新速度)
DialogMode = 0 (エフェクトがオフになって戻らなくなるのでゲーム内ではいじらないほうがいい)
DiameterRange = 0.009 (ボケの開始距離)
DistantBlur = 0 1 (3人称) (DialogMode 同様ゲーム内ではいじらないほうがいい)
DistantBlurEndRange = 1000 500 (3人称) (ボケの開始距離)
DistantBlurStartRange = 900 50 (3人称) (ボケの開始距離)
※3人称では遠景にのみDoFがかかるように調整

・ GodRays
ENBのサングレアと競合
どちらかのみの選択になるが、当然ゴッドレイのほうがクオリティは上。
AfternoonRayIntensity = 1.1 (サングレアの明るさ:昼夕)
AfternoonRayLength = 0.94 0.98 (サングレアの強さ:昼夕)
EveningRayIntensity = 3.5 1.1 (サングレアの明るさ:夕夜)
EveningRayLength = 0.92 0.96 (サングレアの強さ:夕夜)
LightShaftPasses = 40 (太陽光のクオリティ)
MorningRayIntensity = 2.3 1.1 (サングレアの明るさ:朝昼)
MorningRayLength = 0.96 (サングレアの強さ:朝昼)
NightRayIntensity = 0.1 (サングレアの明るさ:夜)
NightRayLength = 0.88 (サングレアの強さ:夜)
Visibility = 0.2 (サングレアの広がり)
WhiteCutOff = 0.3 (周辺の空への影響力)

・ Grass
草の量や大きさを動的に変更できる、かなり革新的なオプション。
ONにするとオプションの草の描画距離が操作不能になり
ORですべて管理することになる。
MaxDistance = 11000 (草の最大描画距離、1000で12%相当)
MinDistance = 9000 (草の最小描画距離)
MinHeight = 1.0 (草の大きさ)
ScaleX = 2.0 (草の大きさ:X軸)
ScaleY = 2.0 (草の大きさ:Y軸)
ScaleZ = 1.0 (草の大きさ:Z軸)
WindCoefficient = 100 (揺れ具合)
WindEnabled = 1 (揺れのオンオフ)

・ Low Health and Fatigue
体力やスタミナが低下時に、息切れのSEを流したり
カメラを暗くしたりする機能。
個人的にあまり好きじゃなかったのでオフ。

・ Motion Blur
カメラを動かした際に、残像のエフェクトが付く機能。
BlurScle = Blurの強さ

・ ParallaxOcculusion
3次元描画調整。下手にいじらないほうがいいです。

・ Shadow
セルフシャドウと通常のVanilaで投影される影の部分のみ
影の濃さを調整できます。
SelfShadowIntensity = 0.6 1.8 (セルフシャドウの濃さ)
ShadowIntensity = 0.9 1.8 (影の濃さ)

・ Sharpening
ENBのAAと競合
ジャギー効果、個人的にあまり完成度が高いとは言えないので
オフにしてENBのAAを使ったほうがいいです。

・Skin
肌の色彩を好みに調整できる機能。
下手にいじると変な色になりやすく調整が難しいので
調整する場合は要注意。自分はオフ。

・ Terrain
遠景の地面を調整できる、これまた画期的な項目。
ただこちらも調整が難しく、変に明るくなったりするので
調整する場合は要注意。自分はオフ。
DistantNoise = 6 (遠景のノイズ効果の強さ)
DistantSpecular = 0 (遠景の地面の明るさ)
MiddleSpecular = 0 (中間距離の地面の明るさ)
NearSpecular = -0.1 (近景の地面の明るさ)

・ Water Lens
水中から陸へ上がったときに、カメラに水滴のエフェクトが付く機能。
個人的にかなりのお気に入り。

・ Water
水の総合調整。
causticsStrength = 0.5 (オブジェクトにかかる波の強さ)
choppiness = 0.8 (波の強さ)
depthofDarkness = 0.1 (水中の明るさ、数値が小さいほど明るくなる)
inExtCoeffB = 0.26 (水面の色合い:青)
inExtCoeffG = 0.26 (水面の色合い:緑)
inExtCoeffR = 0.4 (水面の色合い:赤)
inScaffCoeff = 0.12 (水面の明るさ)
Lens Amount = 0.1 (Water Lens の強さ)
Lens Time = 180 (Water Lens の効果時間)



以上で OBLIVION Reloaded のご紹介は終了となります。
いくつかまだ試していないエフェクトがあるので、そちらは気が向いたら更新するかもですw
ENB環境でない方でも OR単体での恩恵はとても大きいと思いますので
是非導入にトライしてみてはいかがでしょうか?

そんなわけでよいオブリビオンライフをお送りくださいまし
ではまた!


TOPへ戻る
OBLIVION 目次へ

コメント

非公開コメント

初コメ失礼します

ORはShader3.0必須で、ENBは切る必要があるとのことですが、この2つは併用可能なのでしょうか?

飲マスクさんへ

こんばんは、初めまして~♪

ORは OBLIVION.ini を変更して Shader3.0 を使える環境にしておくことが必須になります。
実際にシェーダーパッケージを変更して Shader3.0 を有効にするのとちょっと意味合いが異なりますw
分かりにくくてすいません(;´Д`)

よって、ORとENBは併用可能です。

No title

遅くなりましたが、お返事ありがとうございます。
shaderpackageを入れ替える必要はなく、iniを有効にするだけで良かったんですね。
大変有用な情報をありがとうございました。

飲マスクさんへ

いえいえ~、またコメントいただいてありがとうございます♪
OBGEを昔から使っている方ほど、OR (OBGE4) というタイトルからもそこ間違いやすいですよねw
かくいう私も最初まったく同じように思ってましたのでw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ごめんなさい!自己解決できました!ご迷惑おかけしてしまい申し訳ございませんでしたm(_ _)m

mickeyさんへ

どうも初めましてです!
早速ですがこちらもごめんなさいっ!w
えっと、鍵コメを3日前に頂いておりましたが
いつもブログTOPの "最新コメント" 欄で新規のコメントを頂いたかどうか確認していたのですが
鍵コメだとその欄に載らない (ブログの管理画面にでしか追加されない) という事に素で慣れていなくて
見逃していてお返事遅れました(;´Д`)スイマセンデシタ......。

そして私のお返事が遅れている間に、なにやら解決されたようで
ちょっと寂しさもあり嬉しさもありで、とりあえずヨカッタですw

またORを含め何かお困りの際はお気軽にお尋ねください(`・ω・´)
今度はちゃんと鍵コメも見逃さないように管理画面で確認するようにしておきますw

No title

初コメ失礼します。ORのwaterとENBを併用した時、水に飛び込むと水面が消失するのですが何か解決策はありますか?
いくら探しても出てこなくて

No title

重ね重ね申し訳ありません。ORのwaterの件自己解決しました

名無しさんへ

いらっしゃませ!
水の件解決されたようでヨカッタです。
終わった件ですが、たぶん bUseWaterDisplacement のやつかな?
と勝手に推測しておりますw

色々至らぬブログではありますがまた覗きにきてくださいね!

No title

こんにちは
これって単体で入れても意味はないですか?
現在Oblivion Relodedのみ導入していますが水面のエフェクトくらいしか違いがわかりません。
MenuQueで数値をいじっても変化が見られません。
DOFやGodlayのようなわかりやすいエフェクトも見られないのですがきちんと導入できていないだけでしょうか?

名無しさんへ

単体で導入してもかなり変化するはずですよ~。
水面もそうですが、ゴッドレイやAO
そしてその他のColorやBloomの色彩効果も変化としては顕著なはずです。
ですので単純に導入に失敗している可能性が高いかもしれません。

>MenuQueで数値をいじっても変化が見られません。
この感じですと恐らく導入できていないかと思われます。
必須環境、導入の段取り、各種iniの設定などを見直してみるといいかもです。

No title

お返事ありがとうございます。
見落としていたのですがMenuqueにて
water,grass,skin,parallaxocculusionは機能していました。

気になるのはdirectxのことですが
win7 dx11を使用していますがdx9.0cの互換はありますよね?
一応9.0cのランタイムをインスコしてみましたが

あとリンク先のCapturesさんのところに書いてあったgpuのドライバが355以上だと機能しないという話しから
ダウングレードしてみましたがだめでした。

名無しさんへ

うーむ、water,grass,skin,parallaxocculusionが機能していて
その他だけ反映されていないのはとても奇妙ですねぇ。
これだけ反映されているならMOD自体はちゃんと導入に成功しているとも取れますし。
となると一部動いていないシェーダーが何故動かないのかですが・・・。

参考になるかは分かりませぬが、一応私もGeforceで
ドライバのバージョンは 355.60 でした。

後ORは最新の 6.0 は不具合的なものもいくつか報告されているので
古いバージョンのほうが安定しているかもしれません。
ちなみに私は v4.1.0 を使っています。

No title

4.2.3試してみましたが同じような挙動でした。
残念ですがあきらめてskybilivionを待ちたいと思います。
お返事ありがとうございました。

名無しさんさんへ

むむむ、ダメでしたか・・・。
ORは本当作者さんの推奨を満たしていても何かに引っかかってうまく起動できなかったりと
色々なところでそういった声を聞きましたのでとても厄介です。
お力になれなくて申し訳なかったです(´・ω・`)