【SKYRIM】 More Hotkeys Please

23416-1-1346457683.png
スカイリムのホットキーを無限大に拡張できるようになるMOD
More Hotkeys please のご紹介です。

More Hotkeys Please (v3.0) (作者:Spinner385様)


まずこの記事は、少し前に記事にした "【SKYRIM】 おすすめMOD一覧紹介" の
ホットキーの項目に追記する形で紹介していきます。
よかったらそちらも目を通してみてください。

ホットキーMODにおいて大事な部分
① 装備の強化を追従するかどうか
② 装備の付呪を追従するかどうか
③ 一括装備で自作付呪が適用されるかどうか
④ 使い勝手はどうか

まずこの ①~④ についてですが、More Hotkeys Please は
基本的に③には対応していないのですが、武器に限り対応しています。
①、②は対応。地味ではあるが、ホットキー登録してある装備が
強化や付呪後も追従し登録したままになってくれるのはとってもありがたい部分。
毎回鍛造後に登録し直しだと、結構手間が増えますからね。

そして、私的にこの More Hotkeys Please の真価を挙げるとすれば
それはズバリ④です。

基本③に対応していないホットキーMOD (防具の一括装備時に自作付呪が適用されない)
というのは非常に使い勝手が悪く、類似MODと比べても
それだけで使用対象外になるくらい不便です。
しかしこのMODは、主に武器 (魔法) 専用として使ってもいいくらい様々なメリットがあります。
(※防具の一括装備には別のホットキーMODを使用する)

「そこまでしてこのホットキーMODを使う意味があるの?」
「防具の一括着替え用で導入した別のホットキーMODだけでいいんじゃない?」


とお考えになるのが当然かと思いますので
ここからがこの記事をまとめた狙いになります。
紹介したい部分はたくさんあるのですが、かいつまんでMHPのお勧めな点を挙げますと

・ ホットキー登録方式に "ホールド登録" "ダブルタップ登録" "マルチキー登録" の3タイプがある
・ マルチキーに使用するキーは好きなキーを選べる
・ サイクル登録がある
・ 二刀流には対応している (※データベースの説明は古い情報)
・ シャウトやパワーを登録できる
・ オートキャストに対応
・ MCMは使用せず、専用のウィンドウからホットキー登録をする


ザッと挙げるとこんな具合です。
では、いくつか掘り下げて解説していきます。




様々なホットキー登録方式
ホットキーMODをいくつか試したことがある方ならご存知かと思いますが
スカイリムの現状公開されているホットキーMODはマルチキー対応が主流
主に "+SHIFT" "+CTRL" と合わせて使用するものがほとんどです。
それと比較して、このMODが優れていると感じた部分がホットキー登録方式の豊富さ。

MHPは、"マルチキー" 以外にも "ホールド登録" "ダブルタップ登録" に対応しています。
例えば "Rキー" にホットキー登録をするなら
このキー1つに、通常時、ホールド時、ダブルタップ時、マルチキー時、と4つ登録できます。
そして "ホールド登録" "ダブルタップ登録" には明確なメリットがあり
それはキー1つで使えるというところ。
マルチキーは2つのキーを押さなければならないので
どうしても押しにくかったりと使いにくい部分があります。
しかし、ホールドとダブルタップならそれがありません。
戦闘時などの忙しい時に、ワンボタンで様々な兵装に切り替えられるのはとっても便利。
加えて、このMODのマルチキー登録は "+SHIFT" "+CTRL" という枠に捕らわれず
マルチ用のキーは好きなキーから設定することができます。

はい、もうこれだけでこのMODの利便性の高さが見え隠れしていますよね。
どのキーもマルチ設定できるため、ぶっちゃけ "Rキー" を中心に
30個以上ホットキーを登録することも可能ということです。



サイクル登録
サイクル登録とは、オブリのホットキーMODで結構採用されていた手法で
1つのキーを押すたびに次の装備、次の装備へと順次切り替わっていく方式。
例として "Rキー" を押すたびに、近接用装備⇒遠距離装備⇒........ とサイクルさせることが可能。
スカイリムではこのサイクル方式を採用しているホットキーMODはあまりないため
今回あえて取り上げてみました。



専用のウィンドウからホットキー登録
↓画像のようなこんな感じの専用ウィンドウからホットキー登録作業が行えます。
201608061137036c3.jpg
ちなみに日本語化しておきましたので、よかったら記事下部からどうぞ。
(※MCM部分は翻訳してません)

今公開されているホットキーMODの主流な登録方法は
MCMから登録という方法が最も多いかなと思います。
もちろんこれはこれで使いやすいと思います。
ただMHPの場合は、この専用ウィンドウからホットキー登録モードへ移行し
登録したいアイテムを装備するだけで登録が完了するため
操作に慣れてさえしまえばMCM系のものよりも恐らく時間が掛かりません。
武器や魔法などは、頻繁にホットキーを入れ替えたりすると思いますので
その際にとてもストレスフリーに作業が行えるのでお勧めです。

上画像の専用ウィンドウへの行き方は、MCMの "MISC KEYS" の項目にある
"MHPメニュー" に設定したキーを押すことで移動することができます。
20160806013702ecd.jpg
他にもMCMでは、既に登録作業をしたホットキーの履歴を確認したり (削除したり)
"ホールドの押す時間の長さ" や "ダブルタップの間隔" なども調整できます。
20160806014033c06.jpg
201608060140344a6.jpg
詳しい操作方法に関しては実際に動かしてもらったほうが早いと思います。
一応日本語化パッチで使いやすいように翻訳したつもりですので
操作に手間取ることはないとは思います。



現verの仕様と対策
さて、とっても便利なMHPではありますが
現行の v3.0 のバージョンには実は1つ注意点があります。
その注意点の詳細はこちら デジタル音楽観様 の記事をご覧ください。
http://www.dgmu.info/20130530-864/

分かりやすく言うと、食材やらポーションやらを一気にインベントリに突っ込むと
多量のスクリプト負荷が押し寄せてきて確定CTDが起きます、という事。
ポーションは問題ないですが、食材は結構一括で出し入れしたりする機会が多いので
そのまま使用するには少々問題がある部分でした。
ですのでその部分のスクリプトを手直ししましたので
日本語化パッチと一緒に同梱しておきます。
また、一部分とはいえ私的改変物となりますので鍵を掛けさせて頂きました。
お手数ですがダウロードする方はパスワード入力をお願いします。

MHP日本語化 + スクリプト改変パッチ
パスワード:skysuki

導入前に readme を一読ください。
導入は自己責任でお願いします。



そんなわけで、スカイリムでとても使いやすいホットキーを拡張するMOD
More Hotkeys Please のご紹介でした。
では、よいスカイリムライフを!

TOPへ戻る
SKYRIM 目次へ

コメント

非公開コメント

No title

おっとこれが例のイチオシホットケーキーさんなのですねo(*・ω・)ノ


…というか、え>スクリプト手直しリンクとか一瞬「わーい」とおもいましたけど・・・いじくれるんですかラビさんは?!!えー(;゚Д゚)格闘コマンドだけでなくそのような特技までお持ちとは・・

おみそれしました。スクリプトは書かれていることがチンプラカンプラなので、出来る人を見かけたらもれなく憧れの眼差しを向けております((◎o◎))

そーですかそんなスクリプトのお話があったとは、、、でもこれで問題解決ですね☆あとはスクリプトと聞くとどうしても動作はどうか、常駐監視するタイプか外した時は大丈夫か、とかわからん故に色々と気になってはしまいますが...

とにかく紹介記事&パッチまでありがとうございます。専用ウィンドウの画像の「ドヤ!」顔の表情の子がたまりません。凄いですねキーの押し方とか検出しちゃうんですね!確かに1キーで色々とこなせると、間違いなくすぴーでゅぃーにこなせそうですしね、サイクルキーも同じ理由で採用決定!オブリもそうですが個人的にはクルクル回る「聖剣」のほうを思い出してしまう。。

よくSKUIのホットキー使うとき、装備してる「手」(R/L)をおぼえててくれたらなーとか思うのですが、そういうのはこちらで紹介されてるホットキーMODでもカバーしてくれるものなんでしょうか?すいませんホットキー初心者なものですからw。。

ドヴァキンさんへ

こんばんは!ですです、これが例のホットキーケーですw
MHPのお勧めポイントはほとんど記事にしてしまいましたが
本当一部だけ除いてw使いやすさ抜群です!

>スクリプト
一応私が今のパッチで数年使い続けているので
負荷的なものはほとんど感じないかな~とは思いますw
スクリプトはオブリのもそうですが、ゼロからは構築できませんが
手直し程度ならなんとかってレベルですw
一応本格的に組んだのはDAOくらいでしょうかね。
TES方面は正直それほど熟知していない毛の生えた程度ですw

>ドヤッ
Rampageのおかげでキャラの見栄えもよくなりました!

>装備箇所の記憶
左右の装備はしっかり記憶されます。
2アイテム以上登録で左と右に装備させればそれぞれ記憶します。
ただ "左右共に同じ武器を登録" させようとするとうまく動作してくれないようです。
ですので2刀流の場合は違う武器で登録になっちゃうのかな~と。
そこだけちょい不便ですね~。

No title

>>スクリプトetc
ふむふむなるほど、負荷的なものはほとんどない、左右違う装備なら問題ないとφ(・ω・ )メモメモ.
(と、自分で聞いておいて実際タイムラグが生じても関係ない非戦闘ゲーマーなんですがorz")

数年来のご愛用ものだったとは!それは大きいですねぇ●゚ ∇゚)
これでバッチリ導入できそうです。

そうそう、この前から格闘コマンド取得に勤しんでる訳ですが、どうにも決まらないな~と思ってたら、シャウトを登録してやがったのですよ自分コンボキーに!!(笑) Powerカテゴリのものに変えたらちょくちょく効果出てることが判明いたしました。今のところゆっくり(歩きペース)なら出せますが実践(走力)ペースでは左右に揺れて(=゚ω゚)ノゼンゼン(笑)

とにもかくにも「習得している充足感」みたいなものを感じつつカカシ君に通い詰めですw

ドヴァキンさんへ

こんばんは!
MHP自体は結構古いMODですので愛用されている方も多いのかなーと思ってます。
でも未だ日本語化がされていなかったりで
以外とホットキー関連のMODってあまり人気がないのかな~とも思ってみたりw

>波動拳
おっw2段斬りできましたか!
やってみると地味~ですが楽しいですよねw
シャウトを登録はあるあるですw
そして何故極みボタンは Power でのみ動作するのかは謎すぎですねw
慣れるまでは何気に結構難しいです。
移動キーとショートカットの一連の流れを押しやすい位置に配置するといいかもb
私の場合入力するときは S(左) E(上) 5(Power) で斜め一直線なってますね~。

慣れてしまえば息をするよう出せるようになる?ので
カカシさんで特訓DA!

No title

 実は、日本語化を試してるんですが・・・TesVTranslatorであってますよね(汗)

XMLドキュメントのサイズ的にみて、これは空っぽなのではないかと睨んじょります(っ*´ё`)

ドヴァキンさんへ

こんばんは!コメントで諸注意を頂き、今しがた確認してみたところ
xmlのエクスポートをミスっておりました(;´Д`)申し訳ないです。

何度か TESVTranslator で翻訳済みのデータからエクスポートしてみたのですが
どうにも出力されるxmlがうまく翻訳されていないようで
たぶん私の使い方がどこかしら間違っている恐れがありそうです・・・。

というわけで、今回はxmlではなく 上書き用のesp をご用意させていただきました。
お手数ですが再度導入をよろしくお願いします(゚Д゚;)
そしてご指摘ありがとうございました。

ラビさんへ

 おーそうでしたか。(・。・)
>>TESVTranslator で翻訳済みのデータから...
 むむ?それは確か・・・自分もてぇすヴぃーとらんすれーたー使った事あるのですが、
翻訳済みのesp(ファイル)から翻訳ファイルをエクスポートすると、1KBの内容無しファイルになったかと思いますっ なので未翻訳のespをもう一度読み込んで(翻訳を反映させて)、それからエクスポートすると、中身が詰まったXMLファイルになると思います!これはDBでも結構「翻訳できない」話題で持ち切りになったりする現象ではなかったかと記憶しちょります(・_・;)

 あとDBのMore HotKeys Pleaseの紹介記事を見ていたら興味深いコメントがありましたネ。(多分)スクリプトの機能に関する内容でした。自分ではチンプラカンプラですけどラビさんなら参考になるのではないかとおもいまして(=゚ω゚)ノ

ドヴァキンさんへ

(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)!!

出来ました!

アレですね、翻訳済みのデータを読み込んでエクスポートしてしまうと
原文も日本語になってしまっているのでダメなんですね~。
"原文英語 ⇒ 訳文日本語" の状態でエクスポートしないといけなかったんですね!
冷静に見返してみると納得のミスでした。
1つお利口さんになったゾ!

あ、でもアップした MHP のデータはもうespのままでいいや・・・w