【OBLIVION】 SSを撮影しよう! その1

今回はスクリーンショット (以下:SS) を撮影する際に
私が気をつけていることを記事にしようかなと思います。
最初にお伝えしておきますが、SSはその人にとって満足出来る画像であれば
撮影手法に関係なくそれが最も良い1枚だと思っています。
ここで紹介するものはあくまで私なりのやり方ですので
もし参考になる部分がありましたら
いつも行っている撮影手法の足しにでもしてくださると嬉しいです。。

ちなみに私自身もそれほど撮影に力を割いているわけではないので
実際に撮影するたびにこれら全てを網羅しているわけではありません。
普通にそのまま勢いで撮ることのほうがむしろ多いですw




まずは撮影モードへ
まずは撮影モードに入りましょう。
撮影モードとは、HUD (画面内のステータス) を消して
カメラを自由に動かせる状態のことです。
通常でしたらこれらはコンソールから行います。

TFC (カメラモード)
TM (HUDのオンオフ)

これらをワンボタンで同時に行ってくれるMODがありますので
まずはこちらを導入することをお勧めしておきます。


お勧めMOD
Flying Camera Mod





FOV (視野角) を調整
とりあえず下のキャラメイク画面をご覧ください。
上が FOV:70
下が FOV:20
Oblivion 2017-07-31 13-27-32-22
Oblivion 2017-07-31 13-27-59-69
※ まったく同じ場所、同じ光源での比較画像です

驚きですよね・・・w
FOVの違いでキャラクターの顔の歪み具合に歴然とした差が出ていると思います。
スカイリムで遊んだことがある方なら視野角が広ければ広いほど
画面端が歪んでしまうというのはある程度ご存知かと思います。
オブリの場合はその現象がとても顕著に反映されてしまうようです・・・w
比較画像を見ると分かると思いますが、画面中央付近からすでに歪んでいる状態です。
スカイリムと比較してもFOVが与える球面効果はオブリではかなり露骨に見えます。
よってキャラを撮影する際、FOVを事前に調整しておくのは
もっとも簡単でかつもっとも有効的な方法といえます。

キャラメイクでやっと理想の顔が出来上がったと思い
通常の画面に戻ってみると顔が変形していたり
撮影時に顔が崩れて見えてしまう理由の1つがコレです。
よってあらかじめキャラメイクの段階で FOV20~30 程度でメイキングしておくのが
後の撮影時の違和感を予防するコツです。


個人的なお勧め数値は接写時であれば10~30くらい
景色も収める場合は30~50くらいがお勧めかなと思います。
上でご説明した通りFOVの数値はなるべく低い方がお勧めです。
Oblivion 2017-07-31 14-05-43-35
Oblivion 2017-07-31 14-06-05-18
景色を挟む場合でも極力数値は少なければ少ないほうがいいとは思います。


ちなみに私がFOVを変更している方法は以下。
今は主に SlowMotion OBSE で変更してます。
① コンソールで FOV [数値] と入力
② コンソールで SetINI "fDefaultFOV:Display"[数値] と入力
③ SlowMotion OBSE を使う
※②は①がうまく反映されない場合入力してみてください
 batコマンドを使うと入力の手間が省けます
※FOVの変更がうまく反映されない場合は
 FOVを強制的に変更するMODなどと衝突している可能性があります



お勧めMOD
SlowMotion OBSE





光源とロケ地の考察
こちらもまずは画像をご覧ください。
※atamalightは顔付近に光源を設置するMODです
Oblivion 2017-07-31 22-47-10-18
Oblivion 2017-07-31 22-52-52-81
Oblivion 2017-07-31 22-47-37-75
いわゆる光源マジックというやつです。
比較していただくとお分かりになると思いますが
光源1つでまるで別人かのような映りになりますよね。
それほどまでにキャラ撮影において光源とは大事なものとなります。
オブリの逆光はかなり強烈なので、たぶんどんなキャラでも
綺麗に撮ることは出来ないと思います。

光源はシロディール中に点在してますので
良い光源がありそうな撮影スポットや家MODを探すのも
SS撮影の楽しみの1つではないかなと思いますw
私がよく撮影に利用する Hentai Lovely House 2
たくさんある照明 (光源) のオンオフが出来るので非常に便利です。
SS撮影における人気スポットの1つになっております。

ちなみに同じ Hentai Lovely House 内でも
光源の当て方だけでこれだけ映り具合が変わってきます。
名称未設定 1
同じ建物でもここまで見栄えが変わってきてしまうので本当困りものです。


また光源を自主的に生成するという手法があります。
① SS Cheat Tools を用いて光源アイテムを設置する
② ライトマン (光源にしたコンパニオン) を用意する

■ ① SS Cheat Tools で光源アイテムを設置
これをすることでロケ地として利用したいのに
周辺に良さげな光源がなくてキャラの映りがイマイチ・・・。
という問題を解決できると思います。
Oblivion 2017-07-31 23-39-53-03
Oblivion 2017-07-31 23-40-32-18

Oblivion 2017-07-31 23-42-46-35
Oblivion 2017-07-31 23-42-21-44
Oblivion 2017-07-31 23-42-23-18


ちなみに②のライトマンでも同様に改善できます。
ライトマンを定位置へ誘導する方法については
次ページの "NPCを使おう" で解説いたします。
Oblivion 2017-08-01 00-43-38-72
Oblivion 2017-08-01 00-44-50-14
Oblivion 2017-08-01 00-45-15-13
Cheat Tools の光源は簡単に設置できるので手間いらずなところと
光源の色を多色から選択できるところが便利です。
ライトマンは適所に誘導するのがちょっと面倒ではありますが
光の当て方に細かい微調整が効くのでその点は Cheat Tools よりも便利です。
コンパニオンを連れまわしている方ならいつでもライト化できますしね。
また、ライトマンが邪魔な場合はカメレオン100%の指輪を持たせて透明化させましょう。
どちらも用途は一緒ですので肌に合うほうを利用するといいと思います。



お勧めMOD
atamalight
SS Cheat Tools
MCSMPC など (コンパニオン確保用)





天候と時間を変える
こちらも光源やロケ地と意味合いは一緒になります。
ライティングの強さは天候や時間帯によって大きく異なってきますので
キャラの映りがイマイチだなと思ったときは
天候や時間を変えてみるのも1つの手段かなと思います。
特に屋外で撮影する際の "肌の白飛び対策" に良いと思います。
SSWeather.jpg
私の環境だと晴れの場合、結構白飛びしているケースが多いです。
そんなときは真ん中の曇りに天候を変えて撮影することが多いです。

天候による環境光の強さは使用するMODによって大分変わってきます。
白飛びが強い場合は天候MODなども見直してみるといいかもしれません。
シェーダーを導入している環境でしたら、シェーダー側で明るさを調整できますので
それで白飛び対策が出来ると思います。
天候はコンソールコマンドで変更できます。

FW [天候ID]

Vanilaの天候IDくらいはメモしておいて損はないかもしれません。
SS Cheat Tools で Vanila の天候なら簡単に呼び出すことが出来ます。


また時間帯によってもだいぶ映り具合が変わってきます。
SSTime.jpg
左が朝6時で、右が夕方6時。
太陽の向きや atamalight の有無で大分変わってくるとは思います。
SS撮影Wiki にも記載してありましたが、正午前後は太陽が真上に来るため
atamalight や追加光源なしだとキャラ映りが悪い場合が多いです。


時間の調整に関しても SS Cheat Tools がお勧め。
名称未設定 3
一瞬で時間を切り替えられるためSS撮影時にとても便利です。

Wikiなどに ※重大なバグがある というお触書きがありますが
それは TimeScale を "0" に設定しなければ問題ないです。
名称未設定 4



お勧めMOD
各種天候MOD
SS Cheat Tools




記事が少々長くなってきてしまったので
続きは次のページにてご紹介していきます。
よかったら 【OBLIVION】 SSを撮影しよう! その2 もご覧ください。


TOPへ戻る
OBLIVION 目次へ

コメント

非公開コメント