SSDとTES

さてさてみなさん、わたくしついに念願の物を手に入れてしまったのですよ。
何を手に入れたのか聞きたいって!?
え?別に聞きたくない?どーでもいいって?
そんなこと言わないで聞いてちょ!!


よっしゃー!!!
SSD (1)

はい、ただのSSDですw

なんか最近ドラゴンボールやってたんでSSDSSみたいに見えます。



手に入れるのが大分遅れました!
モノは壊れるまで使うというもったいない精神は
時として時代に逆行する恐れがあるとです。
そのもったいない精神が
このSSDというモンスターアイテムと私の出会いを遅らせたのだ!

とりあえず到着と同時に早速PC側には1Tを突っ込んで
480GのリーズナボーのアイテムはPS4にぶち込みました。
諸事情があり、ちょうどオブリとスカイリムは
起動もままならない重症状態wだったので
今回直近で遊んでいてロードの遅さが気になっていたタイトル
"ドラゴンエイジ インクイジション" でテストしてみることに。
ふっふっふ・・・爆速とうたわれたSSDの力とくと見せてみよ!


 初回計測結果

 起動時間(タイトル入力を受け付けるところまで)
 内蔵HDD:1分16秒
 内蔵SSD:58秒

 セーブデータをロードしてゲーム開始まで
 内蔵HDD:32秒
 内蔵SSD:36秒


起動時間は若干早くなるものの、ロード時間はHDDに軍配

いやいやいやいやいやw
これ絶対どこかやらかしてるでしょー(;´Д`)
4万かけてこれはないですわーw

ってなわけで明らかにおかしい数値を叩き出しているマイSSD
今回このような状態になったため色々と調べてみました。





SATA3コネクタで接続しているか
これは間違いなくSATA3に接続していたので問題なし



SATAケーブルが古くないか
これも最近購入したものなので恐らくSATA3準拠のケーブルのはず



AHCIモードになっているか
AHCIモード?ナニソレ?
はい、恐らくこの返しをしている時点でこれが原因っぽいですねw
というわけでAHCIモードというのを調べてみたのですが
どうやらSATA接続にはIDEモードとAHCIモードの2パターンがあるようです。
そしてAHCIモードはザックリ説明すると
SATAの情報処理速度をワンランク高める設定だそうです。
このモードはOSインストール時に設定するものらしく
後からでは簡単には変更できないものらしい。
現在どのモードになっているか調査するにはBoot画面にて行えるとのことなので
早速確認してみますと

SSD (5)
右上のところに "IDE" と表示されておりますね(;´Д`)

一応ここで切り替えは出来るのですが
OS側がAHCI対応になっていないため
ここで変更してもWindowsが立ち上がらなくなります。

これも調べてみると対処法を紹介してくださっている方がおりました。
本当先人達の知恵は偉大です。ありがたや~
というわけで無事にAHCIモードに切り替えることに成功。
そしてベンチマークテストをしてみます。


初期接続時のベンチマーク撮り忘れたので
(おおよその数値ですが)
  400  400
  30   50
  400  400
  10   30

    

SSD (11)
うおおお!!全然違う!!!

ベンチマークで大事なのは "4K (ランダムアクセス)" というところらしいです。
ここは1.0違うだけでもかなり速くなるようです。
USB2.0接続のHDDとかでベンチマークすると
恐らく2桁いかないくらいの値になると思う。

これで今度こそは爆速間違いなしかぁ~!?
そんなわけで再び "ドラゴンエイジ インクイジション" を起動してみるテスト!
らんらんる~!!

あれ・・・・?

それでも最初の時と起動時間、ロード時間、どちらもほぼ変わらんw

そう、この結果を得て今回とても大事なことがもう1つ分かりました。




SSDの恩恵はゲームによる
今回の一番の教訓はこちらです(;´Д`)
今回テストプレイの題材にしたタイトル "ドラゴンエイジ インクイジション" が
そもそもSSDの恩恵が少ないであろうタイトルだったというオチでした。

現にこのタイトル以外はその恩恵を授かっているからです。
PC起動時間:2分 → 20秒
フォトショ起動時間:10秒 → 一瞬
コピペ時間:USB2.0の約10分の1程度の時間、USB3.0の約半分の時間で済む
オブリ起動時間 (コアなMOD環境):1分 → 30秒
オブリロード時間 (コアなMOD環境):10秒 → 一瞬


DAIでも爆速だよ!という方おりましたら是非教えてちょ!!
ちなみにSTALKERもほとんどロード時間変わらなかったです。
まあSTALKERに関しては元々ロード早いですから
既に天井だったのだと思います。

今回OS側に200G、ゲーム側に750Gでパーティションしたのですが
まずPCの立ち上げがマジで早いです。
SSDは容量が多いものだと結構お値が張るので
容量を割り食うゲーム用として割り切って使ってらっしゃる方もいると思われますが
私の感想としてはOS側にも絶対搭載したほうがいいと感じました。
アプリも爆速ですし、コピペも早いですから臨機応変に対応できます。
これだけ早いとゲームだけで割り切るのはもったいないです。

そんなわけで起動時間が早くなったおかげで立ち上げがネックだったタイトル
オブリや他タイトルのモチベが大分上がりましたよー
ぶっちゃけこのモチベーションを買うという意味でも効果大です。
DAIは上がりませんでしたが・・・w

ほんともっと早く換装しておけばよかったと後悔しかありませんね(;´Д`)

最後にもう1点だけ、補足といいますか
これから換装される方に注意点みたいなものがあるのですが




必ずベンチマークはしましょう
今回気がついたことの2つ目になるのですが
換装後はベンチマークテストは必ずしたほうがいいです。
自作erからしたら何を当たり前のことを・・・とお思いかもしれませぬが
今回初回接続時、上記にも記載した通り


  400  400
  30   50
  400  400
  10   30

IDEモードでもおよそこれくらいのスコアを出していたんですよね。
ぶっちゃけこれでも従来のHDDと比べれば十分速い値を出しているんです。
よってあまり詳しくないお方やこだわりがないお方だと

"SSDを接続して速くなったかな~"
で満足してしまう恐れがあると思いました。


要は本当の力を出していないまま済ませてしまっている可能性が
考えられるということです。
そんなわけでベンチマークテストは忘れずにどうぞ!

コメント

非公開コメント

No title

rabilinthさん、お疲れ様です。Oblivion Reloaded 紹介の雄、rabilinthさんはHDD環境だったんスか! なんて、自分もつい一年ほど前に換装した口ですが、たしかに比較的古いゲームはあんまり速さとか実感できないですよね(俺もそうでした)。最近ではELEXがエリア移動時間爆速(一秒掛からない)で吹いたんですが、これも果たしてSSDの恩恵なのか自分でもよく分かっていません。まあFallout 76では流石に効果あるでしょう(笑)。この間仰っていたような、超絶パーティー戦闘、みたいなのがシステムとして組み込まれていればいいですけどね。いずれにしても、1TBのSSDってすごいですね。また、新たなMOD環境の構築を期待しております!

Endouさんへ

こんばんはっ(*^-^)ノ
そうなんですHDD環境だったんですよ~!
BIOSにも型番が載っておりますが、WD社の3TB内蔵HDDを数年前に2つ購入しまして
流石に大容量のため溢れることもなかったのでずっ友で使ってましたw
これが結果的にはSSD購入の足枷になりました(゚Д゚;)

>比較的古いゲームはあんまり速さとか実感できない
SSD恩恵の基準がちょっとあやふやで分からないですよね。
私なんかはMODゲーヲタクなんで、基本どのタイトルもMODで溢れかえっております。
ゲーム起動時にはこれらの大量のファイルを読み込むので時間がかかるのだと思いますが
オブリが早いのにDAIやSTALKERはほとんど変化なかったですから・・・w
うーん謎ですw