Awakening への引継ぎ

こちらのページでは Origins本編 をクリアした後に
AwakeningやDLCへインポートする際の豆知識とお得情報をいくつかご紹介したいと思います。

まず豆知識として DragonAge Origins Wiki にも記載してある内容ですが

① 仲間装備のものは引き継げないので、事前に外しておくこと。
② 引き継げないアイテム
  (キャラ固定装備と「オスタガーへの帰還」および「レリアナの歌」以外のDLCアイテム)
③ 引き継げるDLCアイテム
  (「オスタガーへの帰還」および「レリアナの歌」)

このようにある通り 以外のアイテム
Warden's Keep (ウォーデンの要塞)のアイテムすべて
The Stone Prisoner (囚われし石像)のアイテムすべて
The Edge などのDLC特典アイテムすべて

これらはすべて本来引き継げない仕様になっています。
これらを引き継ぎ可能にするMODがありますので、まずそれを導入すると良いでしょう。

NEXUS MODリンク
DLC in Awakening and Awakening Fixes (作者:KigenAngelo様)
DLC Transfer To Awakening Patch (作者:Mad Method様)


どちらも同じタイプのMODなので、どちらか片方導入すればOKです。
ちなみに私は上のMODを使用しております。



さて、次に Origins を攻略した後 Awakening へのデータ引き継ぎ作業を行うと思いますが
ここでのアイテム選別作業ものすごく迷いますよね。
通常のVanilaの仕様だと インベントリにあるアイテムしか引き継ぐことができません
インベントリ枠は最大で125 です。
しかもその内の半分くらいはすでに消費アイテムで埋まっていると思います。
よって持ち越せるアイテムはわずか60~70ほどで、
所持数限界であぶれた装備などはすべて換金せざるを得ないという悲しい状態になります。
愛着のある装備もここでいくつか手放した人も数多いことでしょう。
しかもAwakening開始後、最初の商人が現れるまで結構物語を進める必要があるため
それまでインベントリが圧迫され続けるという状態にも陥ります。

これらの不満をすべて解決する方法をご紹介したいと思います。

まずこちらのMODを使用しますのでダウンロードしてください。

NEXUS MODリンク
Innodils Pocket Plane Party Camp (作者:nikivich様)

このMODはいわゆるポータブル倉庫で、
MOD導入時に自動でインベントリに追加されるアイテムを使用することで
好きなときに倉庫内に行き来できるというMODです。

ポータブル倉庫の内装はこのようになっています。
Screenshot5874.jpg
Screenshot17751.jpg
Screenshot19782.jpg
Screenshot21180.jpg

パっと見て分かると思いますが、収納数が多く、仕分けされているため
倉庫MOD単体としてみても非常に使いやすいMODでオススメです。
豆知識として、DragonAgeはチェスト自体に収納数制限が定められており、
1つのチェストに200個までしかアイテムを入れることができません

Warden's Keep クリア報酬のチェストや、MODで追加したチェスト型の倉庫もすべてそうです。
よってアイテムをもったいない精神で売れない人は
MODでいくらか収納棚を追加しようが、結局すぐMAX上限になってしまい
収納スペースがなくなってしまう状態に陥ります。
そういった悩みを持った人にもこのMODは最適かなと思います。

さて、では本題に戻します。
この異空間の倉庫を見てピンと来た方もいると思います。

この収納スペースは独立した空間になっているため、
どのシナリオをプレイしていようがこのMODの移動魔法で行き着く場所は
この倉庫、同じ場所で固定なのです。
よって Origins、Awakening、WitchHunt、Amgarrak から相互間で行き来することが可能。

Origins ⇔ 倉庫 ⇔ Awakening ⇔ 倉庫 ⇔ WitchHunt ⇔ 倉庫 ⇔ Amgarrak

という風に見てもらうと分かりやすいかと思います。

ただしこのMODはOrigins本編用に製作されているためそのままではDLCで機能しません
実際には "テレポートアイテムが動作しない" 症状になります。
ここでDLCシナリオ内でも機能するように少し作業を行います。

作業を行うファイルはこれ
ユーザー名\Documents\BioWare\Dragon Age\Settings フォルダ内の AddIns.xml
このxmlを編集します。

※このxmlは重要な管理をしているので必ずバックアップを取ってから作業を開始してください

バックアップをとりましたら "AddIns.xml" を開いて次の行を検索してください。
無題

この行が紹介した倉庫MOD "Innodils Pocket Plane" の文頭になります。
では次にそこから下にスクロールし最初に現れる "/AddInItem" という行を探してください。

無
これがこのMODの文尾にあたります。
文頭から文尾までコピーをし、文尾の次の行に貼り付けてください。

これで Innodils Pocket Plane の構文が2つ並びました。
では次にコピーした構文の文頭の次の箇所を編集します。

ExtendedModuleUID="Single Player"

この "Single Player" という箇所を編集することでDLCにもMODを移植することができます。
では "DAO_PRC_EP_1" と記載し直してください。
これで Innodils Pocket Plane が Awakening で機能するようになるはずです。
ここで一度 xml を保存しゲームを起動して動作チェックをしてみてください。

無事 Awakening から倉庫内に入れましたよね?
この "Single Player" という箇所を次のように編集すれば他のDLCでも同様に機能します。

------------------------------------------------------
・ Single Player = Origins
・ DAO_PRC_EP_1 = Awakening
・ dao_prc_str = WitchHunt
・ dao_prc_gib = Amgarrak
------------------------------------------------------

今回構文を丸々コピーして貼り付けたのは Origins と Awakening で同時に使用するためです。
コピーペーストせずに編集だけした場合、記載したシナリオのみしかMODは機能しません。
Origins、Awakening、WitchHunt、Amgarrak 4つのシナリオで同時に機能させるには
構文を4つコピーペーストし、それぞれ編集する必要があるということです。

これで物語で入手したアイテムを各シナリオに引き継ぐ際に
厳選作業をしたり、愛着のある装備を売却することなくすべて丸々持ち越すことができます。
インベントリも圧迫せずに済み、まさに一石二鳥です。


最後に補足ですが Innodils Pocket Plane には商人やエンチャントメン!もいます。
Screenshot22765.jpg
↑商人

Screenshot26696.jpg
↑エンチャントメン!

※ただしこのMODで利用できる商人は売却額が買値に近いくらいの超高値になっています。
 バランスを加味するなら、このMODの商人では購入のみに留めたほうが良いかもしれません。



そんなわけで Awakening への引き継ぎ作業の豆知識でした。
それでは良き DragonAge ライフをお楽しみください。

DragonAge Origins 目次へ

コメント

非公開コメント