FC2ブログ

【OBLIVION】 Nehrim 紹介ムービー!& まとめ 4

NehrimBlog04_01-1
Nehrimの記事第4回となります!

このまとめ記事も書き始めて早1ヶ月、やっと本題に入ることにw
今回Nehrim美化計画を進めていて思ったこと
それはヴィンの大地はエリアごとにその地域の特色が色濃く表現されており
様々な顔を見せてくれるので全体を通して飽きさせない造りとなっていました。
景色を眺めながら旅をするのが好きな私にとっても
とても有意義な旅であり、そして美化計画も楽しく進めることができました。

そんなわけで今回の旅を記録、記憶しておくために
また1つ兼紹介用のムービーをこしらえましたのでよかったらどうぞ

フルHDで撮影したのでフルスクでも耐えられると思いますw

PV撮影のためにちまちま撮影していた映像郡ですが
紹介ムービーだけではまったく消化しきれなかったので
オマケでもう1本、NG集とボツムービー映像も作ってみました

利用しているMODについてはYoutubeのコメント欄と
添付したNehrim用のMOD Listを参考にしてみてください。



いかがでしょ?自分で作っておいて何ですが
とても彩り豊かで魅力溢れる大地でございましょ?
ヴィンの大地は大きく分けて5つの王国に分類されます。
中王国、北王国、南王国、トレオマー帝国跡、アークトヴェント
そしてこの王国間でも景観はいくつかに細分されていきます。

Nehrimの景観で個人的にすごいなぁと思ったところが
シロディールでは緑景色と雪景色の2パターンしかなかったものを
たくさんの景観を再現したところです。
10年以上前、まだMODが数少なかった時代に
これだけの内包量を手がけていたと想像すると驚きを隠せないですよね。

冒頭の緑溢れる中王国の旅だけでも十分すぎるほどに冒険心をくすぐられます
NehrimBlog04_03
NehrimBlog04_04
NehrimBlog04_05
NehrimBlog04_06

ちなみに中王国は平地エリア、森林エリア、山岳エリアと細分化できます。
また Unique Landscape (UL) に登場する DarkForest のようなエリア "闇の森" も
最初訪れたときは 「こんな場所もあるのか・・・!」 とワクワクしたものです

NehrimBlog04_07
NehrimBlog04_08
NehrimBlog04_09

ちなみにこの闇の森ですが、実はバグを抱えているのでご報告しておきます。
遠景ファイルに多量のゴミデータが含まれているようで
セルロード時と光源処理時に多大な負荷が押し寄せてきます。
セルロード時は毎回FPSが1桁台まで落ち込み
松明や明かり魔法による光源処理でFPSが20近く落ち込みます。

そして何と間の悪いことか、恐らく製作者側も意図していなかったことだと思いますが
この闇の森にはゴーストライダーが俳諧しているのですが
このゴーストライダー広範囲の光源を常時撒き散らしているんです
NehrimBlog04_10
このバグと最悪の組み合わせですねw
よってこの騎士がセル内に入ってくると途端にFPSがガックガクになるという(っ◞‸◟c)
また敵が使ってくる魔法の光源なんかにも反応してガックガクになりますw
よってこの騎士だけ削除すればおっけー!なんてうまい具合にはいきません。

一応の対応策はありまして、該当エリア内でコンソール "TLL" と打ち込みます。
これは遠景の表示を制限するもので、再度打ち直せば元に戻ります。
遠景が霞みますが私がプレイした感想としては
見た目的にもFPS的にもほとんど違和感なく通り抜けられました。
NehrimBlog04_16
NehrimBlog04_17

またこのコンソールですが意外にも景観を良く魅せるのに使えたりします。
紹介ムービーの雪山にそびえる神殿やNGシーンの砂漠の景観なんかでも使用してまして
適度に遠景が霞むので霧に近い表現があります。
特にヴィンの砂漠は遠景が砂漠の景観を台無しにしてしまってる部分があるので
砂漠エリアなどで試してみるとガラっと雰囲気が変わるやもしれません。





次に今回のNehrim美化パッチの製作過程のお話を。
Nehrimプレイ初期はぶっちゃけBCPを突っ込んだだけでも十分綺麗だったので
そのままの状態でプレイしておりました。
しかし細かい部分で違和感や景観が崩れている箇所を見かけ
そういった箇所の修正や、他にも若干地形の変更を行いました。
NehrimBlog04_11.jpg
NehrimBlog04_15

一番手を加えたのが魔法汚染地域と砂漠エリア。
魔法汚染地域はBCPの効果でそもそも群生が滅茶苦茶になっていたので
ほぼ全ての群生を入れ替えました。
そして砂漠エリア
砂漠エリアもやはりというか緑溢れる群生になっていたのでその修正と
後道がキッチリと整備されていて砂漠というよりはただの乾燥地帯に思える感じでしたので
この辺の違和感を調整しより砂漠らしくしました。

デフォだとこんな感じで道が綺麗に整備されてあります。
NehrimBlog04_12

調整後では道はほとんど砂で埋まり、より自然になじむ様にしてあります。

NehrimBlog04_18

NGシーンの動画に砂漠の風景を少し納めてありますのでそちらも参考にどうぞ。
また砂漠エリアではさきほどご説明したコンソール "TLL" をお勧めしておきます
NehrimBlog04_14
さっぼてーん!!




さて最後に今回のNehrim美化パッチですが、これは前に製作した
Beautiful Convert Project の付属パッチとして製作してあります。
BCPの詳細についてはリンク先を参照ください。
どうぞ軽いノリでお気軽にごりようくださいませ

ではよいヴィンの旅を

TOPへ戻る
OBLIVION 目次へ

コメント

非公開コメント

No title

一見して、さぞかし膨大な作業だったんだろうなぁ、と感じる記事でした。本当に、良く此処まで遣り遂げたなあ、と飽き性の自分としてはただただ見惚れるばかりです。
Nehrimの世界は、雄大で豊かではあるけど、同時にそこに生きる者達にとって決して優しくは無い、と云う厳しさが同時に感じられて、シロディールとはまた違った味がある様に感じます。
そんな世界を新たに彩り、描ききったrabiさんに感謝です。自分はNehrim未導入ですが、何れ必ず行こうと思うに充分過ぎる記事でした。

前記事の話で申し訳ないですが、自分は今回ENBとORをお試しで導入させていただきました。自分はENBboostを使っていたので、実を言うと少し導入に躊躇っていたのですが、意を決して入れてみましたよ。そして、エイヤ、とばかりに起動・・・

・・・(´・ω・`)此処何処?

・・・(´・ω・`)ボクの知ってるシロディールと違う・・・

+゚*。:゚+(*´∀`*)+゚:。*+

とまぁこんな流れと相成りました。特筆すべきは、軽い、と云うこと。以前の環境に比べて明らかに動作が軽い。どうやったらこんなに快適な環境を作れるのだろう、と首を傾げる事しきり。

「昔、リフテンの蜂蜜醸造所にいた。あの技術が欲しいよ・・・」

あのセリフ、今なら良く分かります。

ガワさんへ

シロディール、スカイリム、Nehrim、Enderal と
この4つの往復だけでTESをずっと遊べるんじゃないかと思えてきました。
TES6もValenwoodで確定したようですので
ここにTES6も組み合わさったら無限ループに拍車が掛かりそうですねw

>Nehrim
ヴィンの大地は結構細かに製作されていて
戦争跡や荒廃した大地、滅びた文明などがきちんと表現されているところがよかったです。
シナリオも王国間同士の勢力争いの構図の中に
結構深いテーマが隠されていたりと(´ω`)

>ENB
おっw無事導入が成功したようで何よりです!
ENBは結構重いイメージがありますから
なかなか導入に踏み切れないケースもありますよね。
ただ一度知ってしまうとやめられない症候群に(*´艸`)

ENBもプリセット次第でガラっと雰囲気が変わるので
公開されている他のMODも試してみると色々楽しめるやもしれません。

ご無沙汰しております。

いや~、美しい風景ですなあ。しかし、Nehrimとトパンガが地続きだったとは、プレイしてる誰も気付かなかったでしょうね(笑)。各テクスチャの大きさは、もう2k、4kレベルですか? 岩のゴリゴリ感とかは本当、こうしてみるとOblivionとは思えないですね。個人的には、没動画の方がむしろrabiさんの作る瑞々しい世界がよく表現されている気がします。いや、差し出がましくてすみません。何にしても、遠景とかの方が難しい部分もあると思うので、破綻なく世界が構築されていることに心から感服致します。

ところで、このNehrimは、ゲームバランスというかレベルドリストなどはどうなっているんでしょうか? まあ、そこら辺もMODでどうとでもなると云えばそうなのかも知れませんが、世界観以外の、ゲームとしてのRPGとしての面白みも十分に備えている感じですか? 格ゲー勢、音ゲー勢のrabiさん的にはそこの辺り、どうなんでしょう?

いや、質問ばかりですみません。あと、あの検討中のドグマはドラゴンズドグマですか? だとすればDAOの伝道師のrabiさんがドグマの戦闘システムを分析してみるのも相当面白そうですね。つーか4だったらもう76も出るじゃないですか(笑)。まあ他の読者の皆様方のご要望もあると思うので、あんまり声でかいのもアレですが、個人的にはドグマに一票! ということで。ではでは。

Endouさんへ

Endouさんおこんばんは(´ω`)
Nehrimの旅路はオブリビオンで何か新しい刺激のようなものがほしかったので
そういう意味でとても実のりのある冒険でございました。

>TOPANGAリィィィィグ!
ヴィンの世界へ、いってみましょ~~~~~~!!!!
ですねw
混声した音声が天からの声のように聞こえますので
どうやらヴィンを統治する神々は格ゲーが好きなのかもしれません。

>動画について
テクスチャのサイズはほとんどが1kに圧縮してありますが
岩と地面だけ2kだったと思います。
メイン動画と没動画については、私も没動画のが好きかな~(っ´ω`c)
砂漠の景観がイチオシっすね!

>Nehrimのゲーム性
平たく言うと古き良きRPGかなと思いました。
レベルドリストは恐らくほぼ固定っぽいので動ける範囲は自身の成長と比例します。
少しずつ装備を新調したり、レベリングをこなしていくことで
行動可能エリアが広がっていく感じです。
魔法や装備の性能なども卒なくまとまっているので
ほんと丁寧に作りこまれているなぁと思いました。

私は今回軽装盗賊キャラで進めました。
(縛りはレベルが2上がるごとに難易度1%アップです)
感想としては結構歯ごたえがある部分もあり~ので戦闘部分も十分に楽しめました。
機会があれば次は魔術師プレイで、今度はもうちょいレベリング速度を厳しく設定して
再度やりたいと思えるほど戦闘周りも面白かったです。

>ドグマ
ドラゴンズドグマですねw
プレイするならPC版でやろうかなと検討中です。

>76
そういえば素で発売日が迫っているのを忘れてましたw
もう4日後なのですな~(゚Д゚;)!!
ソウルキャリバー6も出ましたし今年の下半期は豊作ですなぁ。

Endouさんへ

それはそうとエンドーさんのブログがアイドル一色にww
コメントをお返ししようとしたのですが
なんとなく居たたまれなくなり・・・<(^o^)>

No title

rabiさんありがとうございます。ただ、そう言及頂くとなんか俺のコメント来訪自体が釣りっぽくなってしまいますが(笑)、まあ地球上で最も不人気なアイドルグループでしょう。というか、rabiさんもかなり神経の要る編集を動画でされていますし、ここ一ヶ月の同じくらいの時期に似たような作業してたと思うと笑えますね。
まあしかし、格ゲーイベントも年末に向けて佳境に入ってきますし、私もCRPGに復帰したい所ですが、rabiさんも体調などに気をつけながら、また新しい世界にお旅立ち下さい。しかしホント、サンドボックス的な要素を含むゲームは終わりがないですなあ。

Endouさんへ

Endouさんもなかなか趣味の範囲が手広くて羨ましいです。
最初は洋ゲー好きなお方なのかなと思っておったのですが
そこから自作小説の作家の一面も見せて頂き
そしてEndouさんの究極系がアイドル愛好家であったと(''▽'')

>動画編集
動画編集自体はいざ初めてしまえば面白いですよね。
ただその前段階である素材集めや構成なんかを考えていて
まだ見通しが立っていない時はなかなかペースが上がらないですw

>サンドボックス
これは前に違う方にもお話したのですが
この要素を含んだゲームってブログ受けしやすいところがあるかなと思ってます。
最先端の話題性のあるゲームももちろんウケやすいとは思いますが
内容自体は誰が記事にしても一緒ですのでどうしても消化が早くなってしまうといいますか。
後私みたいなネタバレは嫌ッ!という方もスルーするでしょうしw

そういう意味でMODゲーはどんなに古くても
オリジナリティ次第で話題を自分で作り出せるところが
ブログをやってる身としては助かってます(^ω^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こちらこそ気を使わせてしまって申し訳ないです!
まあ確かに場所が場所ですから
変に詮索をしてしまう方も中にはいらっしゃるかもしれませんねw
今回の話としては私がどうこうというよりかは
鍵コメさんの場所で色々とやり取りしてしまったので
逆にコメ汚しになっていないかが心配ですw
私的には何も問題ございませんが、もしご迷惑になっていなければよいのですが。
鍵コメさんの中でもやもやがあるようでしたら削除したってくださいませませ。

またあそこに書き込んでいる人がすべてアレなわけではないと思いますので
1つのネタのタネにでもしてもらえれば本望ですかね(ノ´∀`*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。