【OBLIVION】 nkiri combat

nkiri combat01
戦闘に様々な動作を拡張するMOD nkiri combat の紹介です。
このMODの作者様は日本の方で、きりしまなるせ様 が開発されたMODになります。
MODはきりしまなるせ様のブログの方で公開されております。
2015年12月12日に v0.20 にverUPされました!

nkiri combat (v0.15) えそらごとベース様
【必須なもの】
OBSE v0020以降

きりしまなるせ様は、OBLIVIONで忍者ロールプレイをたしなんでおられた方で
様々な忍術 (魔法ではない) 、忍者らしいアクロバティックな戦闘スタイルを得意とするお方でした。
そんな軽快な動きが可能になるのが nkiri combat の魅力になります。
私がオブリから離れられなくなった原因の2つ目のMODになりますw

追加要素の詳細については、きりしまなるせ様が紹介動画を公開なされておりますので
そちらをご覧になるのが一番わかりやすいと思います!
(ニコニコのタグがちょっとおもしろかったですw)

・ OBLIVION MOD紹介【nkiri combat v0.07】


・ OBLIVION でコンボムービー的なものを作ってみました。



このままだとMOD紹介をすべて投げっぱなしになってしまうので
いくつか補足して紹介させて頂きますw
ちなみにコンボムービーの中で使用されていたド派手でカッコイイ魔法、じゃなくて忍術も
きりしまさんのブログ内で公開されております。
(nkiri sorcery v0.10 というMODになります)
(※一部未公開の忍術もございます)

nkiri combat で追加される拡張機能
① 空中ダッジ : 前方は通常通りの軌道ですが、左右と後は地面へ急降下します。
② ダッジキャンセルダッジ : ダッジをキャンセルしてダッジができます (スタミナに注意)
③ ダッジキャンセル攻撃 : ダッジ中に特殊攻撃を繰り出せます
④ サマーソルト : 前ダッジから出せる特殊攻撃 (Hand to Hand スキルに依存)
⑤ 二段ジャンプ : ジャンプ中にもう1度ジャンプが可能
⑥ ダッジブースト : 空気摩擦で燃え上るほどの速度で前方に超加速します
          自分と周囲に炎ダメージが入ります
⑦ ガードカウンター : ガード時に特殊動作で相手をよろけさせ、体力とスタミナにダメージを与える
⑧ クイックパワーアタック : 防御を押しながらパワーアタックをすることで、溜めを大幅に省略できる
⑨ スタミナ回復 : 待機、歩き中のみスタミナが高速で回復する (Acrobatics:50以上)
⑩ リミットブレイク「アクセラレータ」 : 瀕死の時にのみ発動可能で、短時間大幅に自己強化する
⑪ リミットブレイク「スーパーノヴァ」 : 瀕死の時にのみ発動可能で、周囲に大爆発を起こす

きりしまなるせ様が当時MODを開発なされていたときにおっしゃっていたことなのですが
こちらのMODは Demolish System との併用を兼ねて開発なされたそうです。
ですので Demolish System の空中コンボなどと相性の良い動作がいくつか存在します。
ここではそれらをご紹介していきます。

・ 空中ダッジ
  左右と後は地面へ急降下するため、空中コンボの〆にダッジをすることですぐに着地ができます。
  見た目もカッコイイです♪

・ ダッジキャンセル攻撃
  これが個人的にイチオシの追加要素ですね!
  nkiri combat のダッジ攻撃ですが、空中の相手にヒットさせると特殊効果を与えることができます。
  この特殊効果は2通りあり、導入後追加される "nkiri combat config" というスペルで切り替えができます。

  1つ目の効果は 「麻痺」。こちらはスタンダートなタイプ。
  空中コンボの〆にダッジ攻撃をヒットさせると相手は麻痺状態でそのまま落下していく形となります。
  自分は即着地、相手はダウンという有利な展開を作り出すことができます。
  前ダッジ攻撃で〆ると、居合斬りみたいな形になりとてもカッコイイのでオススメです♪
 

  2つ目の効果は 「浮かし」。こちらはコンボ向きなタイプ。
  ダッジ攻撃をヒットさせると空中にいる相手をさらに浮かすことができます。
  きりしまさんの コンボムービー での挙動がコレですね!
  前ダッジ攻撃後は2段ジャンプ判定がリセットされるので
  "ダッジ攻撃 ⇒ 2段ジャンプ" をループしてコンボを決めているのだと思います。

  他にもこのダッジ攻撃、またはサマーソルトには有効な使い方がありまして
  スクリプト処理でダメージを与えているため、クランフィアなどの物理反射持ちに効果的です。
  近接のガチムチアタッカーでプレイをしているとどうしても手が出せなくなるのが物理反射持ちの敵。
  近接物理スキルしか育てていないキャラだと何もすることがなくなってしまいがちですが
  そういった状況時にも活躍する技となります。


MOD紹介動画になかったいくつかの機能を紹介
・ ダッジの出始めに無敵時間を追加
  ダッジの初動部分に無敵時間を追加することで、咄嗟の回避がより有効に働くようになります。
  デビルメイクライの横ローリング回避の性能が同じような感じなので
  あれをイメージしてもらえると分かりやすいかなと思います。

・ ガードカウンター
   
  カウンター攻撃のモーションは meshes\characters\_male\idleanims\nkiri_combat フォルダ内の
  kfファイル (モーションファイル) を差し替えれば好みのモーションを使用できます。
  ちなみに動画の横蹴りは KSTN Stylized Stance の後ろパワーアタックのモーションを使用しています。
  主な用途として、Demolish System のパリィに失敗し通常ガードになってしまった時に
  とっさにフォローで出すのとがとても有効かなと思います。
  Demolish System の "Bash" と性能は似たようなものとなりますが
  古いverだとまだ "Bash" の機能がないので、こちらのガードカウンターがあるととても便利です。

・ ダッジブースト
 
  Acrobatics 75以上で習得できる前方高速ダッジ。
  摩擦熱で全身に火をまとい、敵に振れれば少量のダメージも与えられます。
  ただしスタミナ消費が激しいので多用は禁物です。

・ 2段ジャンプ
 
  動画でご覧になっていただくとお分かりになると思うのですが
  私はオブリのジャンプ力を、スカイリムと同等程度の高度に抑えております。
  元々はふんわりと高く跳びあがるのですが、あのジャンプにちょっと違和感を感じていて
  スカイリムくらいの高さのほうが自然な感じになると思っています。
  そのせいもあって柵を越えられなかったりするのですが、それもまた自然っぽくていいかなとw
  こんな環境下だと2段ジャンプは結構重宝したりします。
  ちなみにジャンプの高さの調整は WryeBash の
  Bashed Patch ⇒ Rebuild Patch ⇒ Tweak Setteings ⇒ Jump Higher
  で調整できます。動画の高さは 72.00 に設定。
  基準 (デフォルト値) が60前後で、そこからAcrobaticsを上昇させると
  それに比例してここで設定した値まで高くなるという仕組みです。
  60.00未満に設定すると、どんどんジャンプ力が低くなっていくので注意。



自分なりの戦闘スタイルを模索
ダッジ攻撃やダッジーブースト、キャンセルダッジは非常に強力ですが
スタミナを多量に消費するので使用にはちゃんとリスクを背負っています。
そういったサジ加減も含めてとても良いバランスだなと思いました♪
さらに私は nkiri combat で追加される "スタミナ回復" 効果を切っておりまして
更にリスクを背負うことでスタミナ管理をよりシビアにして楽しんでおります。
ダッジ攻撃などもあまり多様はできず、スタミナPOTの価値も飛躍的に高くなりますねw
"リミットブレイク" などもクールタイムを延長したり、1日1回限定にしたりなどして
自分なりのロールプレイを楽しむといいかもしれません。
リスクはバネ
クラピカさんも、リミットブレイクの使用には制限がありましたしねw
まるで忍者のような爽快感溢れる高速戦闘を楽しむこともできますし
ロアフレンドリー気味なリスクや制限のある戦闘バンラスにもできちゃいますので
幅広く遊びつくせる拡張MODになっていると思います。
こういった個人の発想次第で様々な方向性を模索できるのもMODの良いところだと思います


単体でも追加要素が充実のラインナップの nkiri combat ですが
是非 Demolish System と併用して遊んでみてください、何か扉が開くかもしれません

そんなわけで、軽快な動きが可能となる戦闘拡張MOD nkiri combat のご紹介でした。
では、よい忍ライフを♪

TOPへ戻る
OBLIVION 目次へ

コメント

非公開コメント

紹介乙です

 うちは動画みたいにスタイリッシュに戦えないので、泣く泣く外したMODです……w
 某脳筋さんはともかく、シアンだとこのスタイリッシュさは似合うんだけどなあ……(DQで言うならシアン:ダイの大冒険のダイ 脳筋:クロコダイン 位のバトルイメージ(でもクロコダインの方が強い)なので……w)

 仕方なく、でもりっしゅだけ使用してますんw

お返事

Mr.ムッシュさんへ

早速のご来場とコメントありがとうございます♪

>動画みたいにスタイリッシュに戦えない
私も同じですよwあの動きはニンジャにしかできません!
ダッジキャンセル攻撃、サマソ!、ガードカウンター、リミッツブレイクなどの
地上戦ベースな技でも便利な技がたくさんあるのでオススメでござるよ(´ω`)

リッシュの着地に急降下ダッジがあるだけでも大分利便性が変わってきますしね!

No title

こんばんわ、DS+nkiriは鉄板っ(# ゚Д゚) クワッ
自分もMod性能の30%も引き出せていませんが、もう外せない愛用戦闘Modですねw
ぶっちゃけダッジ攻撃とサマソと空中コンボがあれば幸せです♪
でもいい加減キーバインドも使わないとなぁ…キーが足りないです先生←左手で届く範囲はもう全部埋まってたり><

ちなみに今は外していますが、AFCも組み合わせるとまた楽しかったりもします、若干チート具合が上がってしまいますがw
AFCはプレイヤーのみ強化ですからねぇ、でも便利(仲間連れのときは封印したほうがいい技もありますがね)

記事拝見してちょっと設定やり直してみようかなとも思いました、ありがとです♪
最後にDSのバージョンが0.67まで上がっているの、全然知らなかった…手元最新ファイルは0.64でした
ではでは、更新お疲れ様でした、またお邪魔しに来ますねwヾ( ゚∀゚)ノシ

お返事

Ta22さんへ

こんばんは♪
やはりこの2つのMODは鉄板コースですよね。

>ダッジ攻撃とサマソと空中コンボがあれば幸せ
やはりこの3つに集約されますよねw
ダッジ攻撃は、地上戦での緊急時にも使えますし
空中コンボの〆にも使えますしでほんと応用力が高すぎです♪

>キーバインド
自分も左手は全部埋まってますねw
自分は "上下左右" を通常の配置から1つ横にズラして "EDSF" にしてまして
WAZキーとかもホットキーとして押しやすい配置にしています。
それを含めても全部埋まってますね(´□`;)
いやこれコントローラーでやってる人ツワモノすぎますよw

>AFC
導入したことがなかったのですが、Wiki見てみたらすごくおもしろそうですね~。
部位追加は、Skyrimでtktkさんが制作されたMODの弓矢でのヘッドショット機能を思い出します。
Skyrimでもかなり楽しませてもらったので、オブリでもそれを再現できちゃうのはいいかも♪

ご訪問ありがとうございました(´∀`)
また遊びにきてください~♪

俺の場合空中ダッシュが一番ほしかったと言いますか……w
あれがあれば、シアンは選ばれた勇者だから武空術まで使えるんやで、って言えるのにw
なぜローリングするw
なぜそのまま落下するんねんうわーんw

お返事

Mr.ムッシュさんへ

>俺の場合空中ダッシュが一番ほしかった
前方ダッジはそのまま空中ダッシュですぜ!
左右と後ろは着地しますが・・・w
コンボムービーの前方ダッジがまさに空中ダッシュのように見えるとは思うのですが
ちょっとイメージとは違うのかな?w

空中ドッジすると、でんぐり返しになるんですよぅ! しかも割と落下するからムービーみたいに空中戦できないし!><
何故モーションがダッシュにならないのか……!

お返事

Mr.ムッシュさんへ

ダッジモーションを差し替えれば解決できそうかも!
コンボムービーや私の動画で使っているフロントダッジモーションは
http://www.nexusmods.com/oblivion/mods/21475/
こちらの dodgeforward.kf モーションを使用しているので
これで試してみるといいかもです♪

前方ローリングもそれはそれでロアフレンドリーらしくていいですなw

おお、こんな所にあった!(MOD自体持ってたオチ)
でも、前方がやっぱりちょっと下方に向かうっぽいな。重力をリアルにするMODの影響かしら?
そして後ろドッジはバク転の方がいいな……w 横と前はダッシュでいいんだがw

お返事

Mr.ムッシュさんへ

>MOD自体持ってたオチ
あるあるですねw
モーションなどは結構種類が多くて作者様も画像などで紹介しきれない部分がありますから
掘り出し物を発掘する勢いでくまなくチェックしないと理想の物が見つからないことも多々。
以外なところからポっと出てきたりとまさに宝物を発掘する勢いですw

>前方がやっぱりちょっと下方に向かう
おそらく仕様かな~と思います。
自分が撮影した前ダッジ攻撃〆の動画も降下してますので。
もちろん左右や後ダッジほどは急降下しないので自然な軌道かな~とは思いますw

いれてみましたー。やっぱりハイスピード空中バトルはできない……!w
デモリッシュの空中コンボで我慢するしかないか……w

地上では結構高速バトルになったので、まあいいかなw ……次々次回あたりのミニマム勇者から、反映される、かも?w

>落下
そーなのかー。
最初の動画がかなり空中びゅんびゅん飛んでたからな~。あれはテクニックの差だったのか……w いずれあれを目指すぞ!w

お返事

Mr.ムッシュさんへ

>空中びゅんびゅん
あの動きは忍者の末裔か、または唸るようなキーボード術がないとできませぬw
私も地上でそれなりの動きができれば満足しちゃってますのでw

そういえば、私は今のダッジモーションにしてもうずっと変えてないのですが
前方でんぐり返しのように、導入するダッジモーションのタイプで
ダッジ攻撃の見た目が変わりそうではあるのですね~。
今度いろいろ試してみようかな(゚Д゚;)